홈 login join KOR eng chi chi
陸上運送
HOME - サービス - 陸上運送
  • サービスの紹介 主なサービス分野 輸入貨物陸上運送 車両運行情報システム
  • 貨物の特性と運送条件に合った 最適な運送プラン・物流コストの削減を ご提案いたします。
  • サービスの概要
  • 全国各地にネットワーク及び最新の運送装備も備えております。

    豊富な車両・日本全国を網羅するネットワークなどにより、全国拠点間の大量輸送、地域内の小口配送、特殊車によるバラ貨物輸送、製品特性に合わせた最適車両の提供など、あらゆるニーズに対応できる輸送方法と輸送ネットワークを構築しており、特に専門性を要する特殊大型機械の輸送などの重量物輸送のニーズに適した運送方法をご提案しております。

    また、物流に対応する運行管理をコンピュータシステムによって一元管理しています。車輌管理、ドライバー管理、配車計画、搭載内容管理、工程管理などが即座に確認できるとともに、緊急集荷指示などもスピーディーに行えるため、お客様のオーダーに対し、素早く対応いたします。
  • サービスの分野
  • コンテナ輸送
  • コンテナ輸送は基本的に「コンテナヤード(CY)・ターミナル」と「荷主先(工場・倉庫)」間の輸送です。

    企業戦略を成功させるためにクライアント企業様の業態や戦略に合わせてコンテナ陸上輸送の物流システムをプランニング。海上輸送と陸上輸送の最も効率的なコーディネートや、計画積載のご提案、配送や保管・荷役のオペレーションまで、輸送品質の向上を図りながらきめこまかな輸送体制で、安心・迅速・確実なサービスをお約束いたします。
  • 一般貨物輸送
  • 日本全国で輸送ネットワークを構築しています。

    輸送における法令遵守・品質維持はもちろんのこと、多種多様な車両・設備を活用し、お客様のニーズにきめ細かく対応することにより、大小トラック・トレーラをはじめ、飼料や肥料の輸送に適したダンプ、液体輸送にも対応するタンクローリー、冷凍・冷蔵車、ITによる運行管理システムや在庫管理など豊富な資機材を活かして、効率的・経済的なドアツードアの輸送サービスを実現しています。

    国内の陸上運送を通じて国際輸送を支えます。
  • 精密機器の輸送
  • 大型半導体製造装置、電子精密機器輸送には温度・湿度・振動等の管理において、厳しい条件が課されます。当社はこの分野においてもパイオニアとして従前より多くの輸送実績があります。

    国際エキスプレスでは、荷傷み・荷崩れを低減する積載貨物にやさしいエアサス車や庫内の温度を一定に保つことのできる温度管理機能付車両を配車し、経験を積んだベテランスタッフが安全に製品を充実させております。

    車輌においては自社、協力会社を含め4トンエアサスゲート車から温調エアサス大型車、温調エアサストレーラー、特殊エアサストレーラーまで特殊車両を 多数保有しています。
  • 重量物の輸送
  • 大型低床トレーラ、エアサストレーラなど、あらゆるニーズに応えるため、さまざまな特殊車両や重機を(自社、協力会社) 多数保有しており、精密機械や大型プラントなど、小型機から超大型機まで豊富な実績があります。

    法令に遵守した(コンプライアンス)各種手続きを行い最適な車両を選定し、長年の経験に基づく技術とノウハウを活かして安全・確実・迅速な輸送を行います。
    - 重量物輸送(トレーラ輸送)
    - 機械設備運搬(ユニック・セーフティ・平車)
    - 自動車部品・製品輸送(ウィング車)
  • 危険物輸送
  • 危険物は一般貨物と異なり、運送および取り扱いに特別に注意を払わなければなりません。そのため、危険物関連の充分な情報を正確に、また事前に入手することが必要となります。

    危険物の情報に詳しい管理者により、危険物特性に合わせた安全管理基準や関連法律を守りながら、安全に輸送しています。

    - 貨物積載段階で諸規定を順守
    - 積載容器の摩擦や揺れのないように積載の原則を順守
    - 運行経路の順守および定速運行・車間距離の確保・居眠り防止の強化
  • 輸入貨物の陸上輸送の流れ
  • * 輸入されたいろいろな貨物は最後にトラックの運送により、お客様の指定倉庫にお届けされます。
  • 本船の入港 > 保税倉庫の通関 > 貨物トラック > 顧客の指定場所. / 本船の入港 > CY通関 > 貨物トラック > 顧客の指定場所
  • デジタル運行情報管理システム設置·運営
  • 国際エキスプレスの全貨物車両は、デジタルタコグラフ(回転速度計)を設置・運営しています。

    急加速および加速警告による安全運転、および事故予防の効果を上げています。車両管理諸費用及び経済速度の遵守を通じて、コスト節減はもちろん、不要なアイドリングを抑制するなど、環境にも気を配っています。
  • fujitsu
  • 同じ貨物の場合にも作業環境に応じて、配送方法は異なります。
詳しい内容は下記の各営業所でお問い合わせください。