홈 login join KOR eng chi chi
引越しサービス
HOME - サービス - 引越しサービス
  • 海外引越しお申込み・お見積もり必要な書類海外エージェント海外エージェント
  • 実際の物流現場で長年にわたって蓄積した豊富な経験とノウハウをもとに、
お引越しの相談から、梱包、船便・航空便での輸送や保険、通関はもちろん、
現地での配達・開梱、 国内に残されるお荷物をお預かりするトランクルーム
保管や国内引越しまで、海外引越しに関するあらゆるご要望にお応えします。
  • サービスの概要
  • 国際エキスプレスは、誠意と真心をこめたきめ細かなサービスで国内・海外のお客様から高く評価をいただいております。

    20年に亘る海外引越しの豊かな経験と専門性を基に、国内引越し、海外引越しはもちろん、精巧な運送ノウハウが必要な海外設備移転、展示会への物資運送に至るまで、梱包・通関・保管・配送の総合サービスを幅広く提供しています。

    海外へ赴任されるお客様はもちろん、日本からご帰国される外国のお客様に対して、全世界をネットワークした完璧な"ルーム・ツー・ルーム"サービスの提供で引越をサポートしています。

    航空便や船便はもとより、お客様が日本に残される家財を空調完備のトランクルームでお預かりするサービスや、お車やペットの輸送、現地での住居の手配や諸手続など、引越に関する全てを総合的にコーディネートします。是非、ご相談ください。
  • 1.KSEの海外引越しサービス:概要、種類、手続き、引越し品物の検査、保険補償など引越しサービスを案内します。2.相談のご予約:オンライン見積もり、訪問見積もり、企業顧客、電話相談 3.必要書類:書類作成についてご案内します。4.海外エージェント:海外エージェントを紹介します。5.IAM :   INTERNATIONAL
 ASSOCIATION OF
 MOVERS
  • サービスの種類
  • 01. 海外引越しサービス : 親切な相談、信頼できるサービスの海外移住貨物サービスを体感してみてください。満足したサービスの経験と後悔の無い選択になるでしょう。02. 帰国引越しサービス
     /自動車の運送 : 海外での生活を終えて帰国する顧客のために、大切な貨物の通関・配達サービスを行っています。 03.  事務所移転サービス : 事務所の設備、電算設備、様々な書類の移転サービスを提供しています。04.  海外公演・展示物の運送サービス : 扱いに注意を要する公演装備や展示物を、蓄積された経験と繊細な管理により、展示スケジュールに合わせて迅速かつ安全に運送します。
  • 海外サービスの手順
    • 01 相談および無料訪問見積もり
    • 見積りは引越日より3-4週間前に行い、海外引越専門スタッフが御自宅に訪問、梱包前の事前準備、運送国のスケジュ-ル、現地通関案内等海外引越全般の御案内を致します。

      海外引越の料金を左右するのは荷物の量、引越先、運送手段など、様々な要素があり、海外引越は 時期的な運賃の変動や通関業務など見積項目が複雑です。
      このような複雑さの為、正確な費用を御提示するのは大変難しいのです。

      しかし㈱国際エキスプレスでは、常にお客様の立場に立った、海外引越のルートを選定しており、特に価格面においてのお客様のご満足を常に考えております。

    • 02 包装作業
    • 荷物の区分を確実にするのが引越の最も重要な点です。

      留学先及び赴任先に航空便で送る荷物、船便で送る荷物、手荷物として持ち込む荷物に区分します。
      国内に残す荷物、保管する荷物(トランクルーム)、転送する荷物(国内の預け先)、廃棄処分する荷物(有料)、家に残す荷物を区分します。
      ※貴金属、有価証券、現金、危険物など引越荷物として扱うことのできない荷物は、別の配送方法を 検討する必要があります。

      ご自分で梱包される方は、事前に梱包資材をお届けいたします。
      ※ケース前面と側面には名前・目的地・ケース番号(1番から統一された番号を使う)を記入してください。
      ※輸出入通関と運送保険を手配するには内容品の明細が必要になるので荷物リストを作成してください。

    • 03 国内運送/コンテナ作業/輸出通関
    • 弊社スタッフがお客様に代わり輸出通関手続を行います。

      お荷物を国際エキスプレスの保税倉庫に搬入確認後、輸出通関を行います。

      日本における輸出通関申請時必要な書類
      ※パスポートのコピー
      (写真のあるページのみ一枚、写真がはっきり見えるようにお願い致します。)
      ※航空会社発行のご本人様分の搭乗(予約)証明書
      ※梱包明細書 (packing list) : 梱包の際に作成致します。
      ※Insurance Value List : 保険の為の価格表(輸送保険を希望された方のみ。)
      ※Shipper's Information : 仕向地の情報 
      (日本を発つ時のFlight Info.、仕向地の住所、連絡先、請求先、etc.)
      ※送り状(インボイス)
      ※通関委任状

      以下の荷物は、お引き受けしておりません
      ※麻薬・覚醒剤、及び吸煙具・器具、けし・大麻の実、毒物
      ※刀剣、拳銃、模造拳銃、武器、弾薬、爆発物、危険物(スプレー、マッチ、ベン
      ジン、シンナー、酸化剤等)
      ※偽造・変造・模造の通貨、債券・証券類
      ※信書、ポルノ製品(雑誌・ビデオテープ・写真,etc)
      ※商標権・特許権・著作権等の権利侵害物品
      ※ワシントン条約該当物品、植物(土のついたもの)・種
      ※医薬品、酪農品、肉類、生鮮食料品
      ※貴金属、宝飾品
      ※パソコン等、精密機械類
      ※楽器

    • 04 船積み/海上運送
    • 通関済みの貨物は、事前に予約されている目的国の船舶日程により海上運送されます。

    • 05 目的地に到着/通関
    • 船舶が到着したら、コンテナから荷物を下ろし保税倉庫に保管されます。

      税関に通関書類を提出し、通関を代行します。

      各国における輸入通関申請時
      ※各国により必要書類が異なります。詳細はお問い合わせください。
      ※実際には各国での輸入通関申請時に必要な書類等で日本出発前に入手可能なもの
      は、渡航後連絡が取り辛い等の理由により事前に日本側担当者に送っていただく
      ことを お勧めいたします。

      引越荷物として通関の申告、搬入許可を受けます。
      ※お引越荷物の場合、無税となりますが、渡航国・物によっては、課税になる場合
      もありますので、事前にお問合せください。

    • 06 自宅運送/整理整頓/顧客満足度の評価
    • 許可されたお荷物を現地のスタッフがお客様との連絡を取りお約束の日に配送いたします。

  • 取締役物品の検査
  • 保険

    弊社は、お客様のお荷物を大切に取り扱い、到着地まで心を込めて、安全にお運びいたします。

    海外への長距離運送の為、任意ですが万一に備えて保険をかけることをお勧めします。

    通常海外引越の場合はオールリスクの保険で、輸送中に発生した破損、損傷などをカバーすることが可能です。

    弊社は、主要品目の破損・紛失に備え、保険業務を代行しています。

    ただし、主要貴重品 貨幣、証券などお引き受け出来ないものもありますのでご了承下さい。


  • お引き受けしている区間 (保険期間)

    ※日本国内の現在のお住まい(もしくは家財の保管場所)からお客様の家財が搬出されたときから海外の新しいお住
    まい(もしくは家財の保管場所)へ配達されるまで。
    (もし紛失/損傷がありましたら、配達後1週間以内に報告してください。)
    ※仕向地において荷主の都合で一ヶ月以上保管(storage)される場合は、その保管倉庫に 搬入された時点まで。
    (それ以上は仕向地国で別途保管保険に加入する必要があります。)



    保険金をお支払いできない損害

    ※引越しをする方の故意・重大な過失
    ※自然の消耗・かび・さび・変色・変質・腐敗
    ※荷主自身の不完全な荷造りによる損害
    ※運送が遅れたことに起因する損害
    ※車輌に関しては外装の細かいキズ及び内装、エンジンの損傷


  • <注意>

    (a)パソコン等精密機械の電気的・機械的故障はこの保険の対象外です。
    (明らかに輸送中に外部から衝撃等を受けたことによる損害のみがお支払いの対象です。)
    なお、ハードディスク等に保存されているデータ消失・破壊も本保険の対象外となりますので、あらかじめバッ
    クアップをとり、そのバックアップ媒体を携行品としてご持参下さいますよう お願い致します。
    (b)楽器類が輸送中の外部からの衝撃で、音階にズレが生じた損害は不担保です。
  • 補償処理の手続き

    貨物引渡しの際に、包装の明細リストの品目と比べながら紛失や破損の有無をご確認ください。
    貨物破損の場合、現場監督の確認を受けた後、写真を撮っておきましょう。それから、証明資料(写真、修理見積書など)と一緒にレター、事故発生通知書などを作成して、当社に送ってください。素早く補償手続きを行います。

    万一、事故発生事実通知の遅延により損害発生の原因究明が困難であったり、損傷状態で貨物を放置して損傷がさらに悪化した場合には、被保険者に不利益が及ぶ恐れがあるため、ご注意ください。
    (目的国到着後、配達完了日から最大30日以内)

  • 保険金請求書の必要な書類

    保険証券の原本(ORIGINAL)

    船荷証券(BILL OF LOADING)

    梱包品物明細書(PACKING LIST)

    クレームレター(荷主の署名を含む、電子メール代替可能)

    証明写真

    積荷保険事故発生通知書

    修理見積書

    事故検定報告書(SURVEY REPORT、必要時)

  • 日本向け引越 (日本到着時の手続き)
  • 日本での通関にあたり、別送品申告書を記入して頂きます。
  • この書類は、税関に対して、自分の手荷物以外に海外から荷物が送られてくる事を申請する用紙で、日本入国の際に申請する事になります。(入国後の申請はできません)

    申告書は弊社若しくは機内客室乗務員より入手可能ですので必ず入手し2通作成して下さい。

    税関から別送品申告書に承認スタンプをもらい、通関時に原本を提出してください。

  • 書類取り扱い方法
  • 書類の送付先を、個別にご案内致します。日本帰国後に下記担当者まで連絡願います。

    東京都港区浜松町2丁目4番1号世界貿易センタービル24階 株式会社国際エキスプレス 海外引越し担当者
    TEL 03-5776-1191 FAX 03-5776-1186

  • お荷物の通関に必要なパスポートのコピー
  • 顔写真の見開きページ

    海外へご赴任時の出国印ページ

    海外よりご帰国時の入国印ページほか、

    滞在許可証のコピーも大変重要なページです。お忘れなく。

  • オフィス移転サービス
  • 公安又は風俗を害すべき書籍その他の物品について
    ※特にわいせつ物関係(雑誌やビデオ,CD)に関しては、検査を厳しくしています。


    日本での輸入免税枠について
    ※《免税の範囲》 大人1名につき20万円まで免税。
    ※超過分は原則課税となりますが、非課税になることが一般的。最終的な判断は税関職員によります。


    日本へのお酒の輸入について
    ※《免税の範囲》大人1名につき3本まで免税。超過分については課税されます。
    ※お酒については何本までOKと厳密に特定されているわけではありません。
    日本の税関担当官が、”個人消費量”を著しく逸脱していると判断した場合、ワインの成分検査など食品衛生法に
    従った輸入手続きとなり、煩雑な手続きと時間・追加費用が発生します。
    この追加費用は日本にてお客様と実費精算となります。
    相当高額になると予想されます。ご注意ください。


    禁制品 / 特別な手続きが必要となるもの
    ※禁制品(薬事法等の他法律で禁止または制限されている品物)はお取扱いできません。
    ※疑問に思われた品物については、1点づつ日本側へ確認を致しますので、お客様側より弊社まで事前にお問い
    合わせ下さい。
    ※事前確認なく送られた品物が輸入できず任意放棄したり、又は別途申出等にかかる諸費用が 発生しましたら追加請
    求申し上げます。
    ※輸入通関が認められなかった品物についての弁済は致しかねます。
    ※医薬品やそれに準ずる様な品物がございましたら、ご遠慮なく事前確認のお問い合わせなされて下さい。


    検査
    ※引越し品物は、搬入品物および輸入申告誠実度によって、全量検査、抜粋検査、検査省略で 区分され、通関手続き
    が行われます。
    ※申告内容と抜粋検査した内容が違ったり、居住移転および主要品物申告書に作成された搬入 品物の品名、モデル、
    数量、取得価格および使用年数などが明確に記載されなかったり、記載された内容と重量を比較して30%以上重量差
    がある場合には、全量検査が行われます。
    ※そのため、居住移転および運送関連申告書、包装明細書など関連書類を誠実に作成し申告す ると、検査期間が短
    くなるのはもちろん、通関手続きも迅速に終わります。

  • 大規模な施設移転から小規模の事務所移転まで、施設の状況、荷物量、道路状況等、すべての条件を考え合わせた綿密なプランのもと、長年積み上げてきた経験を活かし、安全、確実に、そしてスムーズな移転を進めてまいります。

  • 大規模移転に強み!実績とノウハウ
  • 大規模事務所移転のプロジェクトリーダー経験者が責任を持って管理。

    十分な打合せの上、作業工程のご提案をいたします。

  • 豊富なオプションサービス
  • 基本的な移転サービス以外にも、図面作成業務、レイアウトのご提案や下記サービスの取扱い業者のご紹介も行っております。

  • 什器・備品類保管サービス
  • 使用頻度が少ない什器や季節ごとの備品類をオフィスで保管することは、非効率にオフィススペースを使用していることになります。

    多くのご担当者がこの無駄に頭を抱えているようです。是非、ご相談ください。

    当社の什器・備品類保管サービスをご提案させて頂きます。

  • 素早く正確な移転のため、事務所移転の専門チームが作業を行います。
  • 体系化された作業の進め方で時間や費用を節減することができます。
  • 業務手続き
  • 事前調査段階:現場調査、物量算出、作業条件、投入装備および人員の把握

    移転計画段階:移転計画書の作成、スケジュールの確認、人員の配置、進行と管理

    移転作業段階:包装、運送、配置、完了の確認、点検